Skip to content

すぐに回収のために行動すること

売掛金回収のコツの一つが、「すぐに回収のために行動すること」です。売掛金回収において、当事者同士の交渉はしばしば長期化します。債権者の主張は「債権を支払え」、債務者の主張は「債務は支払えません」に最終的に集約されますから、議論が平行線を辿ってしまうのです。「回収のための行動」とは、債務者に遠慮せず次から次へと手段を尽くす事を意味します。ワンパターンな交渉方法を選ぶのではなく、とにかく「売掛金回収の速やかな達成」を目標に、あらゆる手を尽くしましょう。

とは言え、当事者同士の関係を崩さないためにも、法的手続きは極力避けたいものです。法的手続きに移る前に債務者にプレッシャーを与える手段として、「内容証明郵便の送付」があります。内容証明郵便については、その書式が厳密に定められています。しかしそのような厳密な書式に則った書類を送る事で、債務者にとても大きなプレッシャーを与える事ができるのです。

内容証明郵便には、「支払いを求める根拠」、「支払い額」、「支払い期限」、「契約解除の予告」、「訴訟の予告」といった必要事項を明示します。これは債務者にプレッシャーを与える意味もありますが、債権者自身が問題の整理をするためにも役立ちます。