Skip to content

債務者の資産状況を把握すること

売掛金回収の準備として、「債務者の資産状況を把握すること」が大切です。売掛金回収にあたっては、とにかく債務者のありとあらゆる情報を仕入れる必要があります。仕入れた情報の数だけ、回収方法の選択肢が広がるという事を覚えておいてください。

債務者の資産状況の確認方法の一つに、「不動産登記事項証明書の取得」があります。債務者の会社および住居の住所が分かっていれば、有料ですが不動産登記事項証明書を取得できます。その内容を把握し、債務者に提示する売掛金支払いの選択肢を増やすのです。

例えば、債務者の持つ不動産が「持家」か「借家」かで債務者の状況は変わります。もし「借家」ならば、債務者にあまり余裕は無いでしょう。「持家」であるならば、「その不動産を担保にする」という選択肢が発生します。さらに、債務者の資産状況の確認方法にはもう一つ、「裏技」があります。それは、「債務者自身に全てを話させる」事です。

債権者と債務者の、当事者同士の交渉の場において、債権者が突然沈黙した場合、債務者はどのように感じるでしょう。きっと債務者は、とてつもなく大きなプレッシャーを感じるはずです。そのような状況では、債務者は自分の持つ情報を次から次へと、洗いざらい債権者に開示します。債権者はその情報を随時メモして、今後の選択肢を広げましょう。