Skip to content

売掛金回収のコツ

売掛金回収は、「債権回収」の一種です。債権回収とは、「債権」を回収する事を指します。債権は元々、「ある人に対して一定の、当然の行為を求める事ができる権利」を指しますが、一般には「未払いの金銭の支払いを求める事」を意味していますね。それを求める権利を持つ人を「債権者」と呼び、その義務、つまり「債務」を負った人を「債務者」と呼びます。

その定義からすれば、債務者が債務を支払う事は「当然の行為」ですから、債権者には何も非がありません。それにも関わらず、往々にして債権回収にあたっては債権者がひどく疲れます。売掛金回収においても、当事者同士の交渉はしばしば長期化します。その理由は債権者の主張が「債権を支払ってほしい」、債務者の主張が「債務は支払えない」という点に、最終的には落ち着いてしまうからです。その状態では議論は平行線を辿ります。

債権者が売掛金回収に臨む際には、そのコツを知っておきたいものです。売掛金回収のコツの中で最も大きなものは3つあります。まず、債務者の資産状況を把握すること、次にすぐに回収のために行動すること、そして法的手続きは弁護士に頼むことです。

以上のコツの大事なポイントは、「回収のための選択肢を広げる事」、「交渉の長期化を防ぐ事」、「長期的視点を持って費用を惜しまない事」です。売掛金回収のような債権回収は効率的かつスピーディーに実行しないと、債権者の経済的・精神的疲労がどんどん膨らんでいってしまいます。問題は速やかに片づけましょう。